サルでもわかる!架空戦記・ノベマスのストーリー作成法 まとめ

1.いままでに読んだ小説や漫画、あるいはプレイしたゲーム、観た映画やアニメでおもしろかったものベスト5を選ぶ。

2.ベスト5を分析し、自分がおもしろいと思った部分(キャラ、展開、台詞など)をなるべくたくさん書き出す。

3.2で書き出した要素で共通しているものを選び出す。選んだものを含む話を考える。新しい物語は、既存の物語の組み合わせ。

自分なりのやり方をまとめてみました。
参考になるような発想法や小技がありましたらコメントしていただけるとありがたいです。
スポンサーサイト

コメント

荒塩 #WF0QkE0g

No title

発想法の一つにアンチテーゼもありますね
ある程度熟成したコミュニティだと、お約束の要素が固まってしまい、話の展開やギャグが記号的になりがちです(千早の72など)
そういった王道に逆らう展開を考えるのも、立派な話作りだと思います

また、話を綺麗に終わらせたい時は、最初に結末から考える手法もあります
結末が明確であれば、話が横に反れた場合でも本筋に戻る事が容易ですし、話作りの際にいつでも終わらせるというのは気持ち楽になります
話を完結させるのも重要な創作スキルだと思いますので、これからノベマスを作るPには是非実践して欲しいです。未完というのは読者にも残念なので

Pでもないのに長々と失礼しました。あねぴよの新作楽しみにしてます

2010年01月04日(月) 09時39分 | URL | 編集

腰痛 #-

>荒塩さん

>話を綺麗に終わらせたい時は、最初に結末から考える
 逆算で決めていけばぶれない話になりますよね。結末でなくとも、「このシーンを書きたい!」というものがあれば周囲を埋めていく形で話を作れます。

記事書いてたんであねぴよが終わりません。ダメダメですなw

2010年01月04日(月) 17時12分 | URL | 編集

ニシンP #-

No title

アンチテーゼとはまた違うのかもしれませんが……
自分と合わない表現があった時、批判に止まらないで「じゃあ私ならどう表現するか」って考えることが大切ではないかと思ってます。

漫画「アイドルマスターブレイク!」の情報が入ってきたとき、「高木社長が倒れて未成年の少年が765プロの舵取りをする」という設定に対し、あまり好意的ではない意見が散見されていました。
で、その時に私は「そんな脆弱な基盤の法人ってどうなのよ」と思うと同時に、「自分ならどういう設定にするだろうか?」と考えてしまったんです。
私の架空戦記における現実世界の765プロの設定は、ここからスタートしていたりします。

批判に終始している人って、もったいないことしてるなあと思っちゃうんですよね。
何かひっかかることがあったとしても、そこを起点にして思いつくことだってたくさんあるんですから。

2010年01月04日(月) 18時42分 | URL | 編集

腰痛 #-

>ニシンP

現実として妥当かどうかを考えだすと発想の幅が狭まりますよね。現実ではオレオレ詐欺のようなこれまでではありえないような事件も起こっているのに、一個人の「常識」で判断してしまうのはもったいないです。

批判ではなく単なる好き嫌いで判断してしまっていることって多いですよね。なぜだめだと思ったのかを突き詰めて考えると感情で反発しているだけだったりしますし。

ニシンPの言われたように「自分だったらどうするか?」ということを考えていると発想の幅が広がるような気がします。

2010年01月04日(月) 19時01分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年01月04日(月) 21時46分 | | 編集

腰痛 #-

>隠しコメの方

こちらこそはじめまして。
なるほど、参考になりました。ありがとうございます。

自分の場合、登場人物の身になって考えることというのはあまりしないですね。ただ、登場人物を外から眺めてばかりいると駒のように扱ってしまいそうです。内と外からバランスよく登場人物のことを考えられたらちょうどよいのかもしれません。

2010年01月04日(月) 22時58分 | URL | 編集

ソシアル #-

No title

>参考になるような発想法や小技
会議中に考えると、研ぎ澄まされた上質のネタが出てきます。
・・・は参考にならない自爆技なので。

自分は荒塩さんが言われたような「結末から」に近い方法でつくっています。

1.シリーズ全体でも各話でも、決めシーンを考える。
2.決めシーンが決めシーンであるためにはどんなイベントと複線が必要かを考えて他シーンを作っていく。
3.各シーンに共通するテーマはないか考えて、各シーンを修正する。(例:ダーナ編の「紳士」「明日」やよい編の「家族」、ここ最近の「英雄とは」)
4.次話以降に書きたくなるシーンも思いつくので、その複線を追加する。
5.ティンと来る掛け合いや陰険漫才を思いつけば追(ry
6.おっさんがちょっとでもかっこよくなるシーンを思いつ(ry
7.紳士淑女ネタも(ry

この文を見直すと、どうしてウチの動画は30分を超えるのかわかった気がしました・・・

6,7を自重すれば辻褄の合った話が作りやすいです。
結論ありきのご都合主義になる危険性もありますが。

2010年01月04日(月) 23時32分 | URL | 編集

腰痛 #-

>ソシアルP

辻褄の合った話だから面白いとは限らないのがつらいところですよね。前回から間があくと、ソシアルPの書かれた5、6、7番あたりのネタの数だけが増えるなんてこともw 

決めシーンから逆算して作るというのは、いかにもE4U!のソシアルPらしいように思いました。
シチリアの戦争編0話は、ソシアルPと同じように決めのシーンで一気に爆発するように作りました。

2010年01月05日(火) 00時02分 | URL | 編集

久間知毅 #pfmhQzE6

No title

とりあえず、簡単に私のやっているところをまとめてみました↓
http://hisamatomoki.blog112.fc2.com/blog-entry-542.html

どうも、私が作ると具体的過ぎるきらいがあるというか、それ以外は腰痛Pに投げたというか^^;

ただ、こういうのを書いてて思ったのは、具体的なやり方はそれぞれでも、抽象レベルではだいたい同じことやってるんだなぁと感じますね。

2010年01月05日(火) 03時24分 | URL | 編集

腰痛 #-

>久間知毅さん

ありがとうございます。大変わかりやすかったです。久間知毅さんのブログのように図で表すとわかりやすいですね。

まず目的を定めるというところが、アメリカ軍が将校教育で教える作戦の立て方に似ていると思いました。

>ただ、こういうのを書いてて思ったのは、具体的なやり方はそれぞれでも、抽象レベルではだいたい同じことやってるんだなぁと感じますね。
 本当にそうですね。細かいところでそれぞれのくせのようなものが見えてきてそれもおもしろいです。

2010年01月05日(火) 04時04分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。