サルでもわかる!架空戦記・ノベマスのストーリー作成法 その2

その1は、読まなくても大丈夫です。架空戦記やノベマスを作りたいけどどうやって話を思いつけばいいのかわからない方向けの記事です。

ここでお願いが一つ。
この記事を読んだPは、なるべくコメントに(ご自分のブログでもよいのですが)連載している作品のストーリーをどのようにして思いついたかを書いていただけないでしょうか。他のPの作り方をそのまま真似ることはできませんが、参考になると思うのです。よろしくお願いします。


では、どうやってお話を思いつくのか。
それはこうです。

1.いままでに読んだ小説や漫画、あるいはプレイしたゲーム、観た映画やアニメでおもしろかったものベスト5を選ぶ。

2.ベスト5を分析し、自分がおもしろいと思った部分(キャラ、展開、台詞など)をなるべくたくさん書き出す。

3.2で書き出した要素で共通しているものを選び出す。選んだものを含む話を考える。

つまんないやり方で申し訳ない。
上のやり方で作成した小説は、某短編賞で一次通過(文章が今以上にひどかったので二次で落ちました)したのでそれなりの話ができるはずです。

例として自分が「おもしろいと思った要素」を書いてみます。

謀略とか外交 楽しい掛け合い ギャグ どんでん返し ミステリ的要素 姉 いつもは馬鹿だけどやるときはやる奴 ヨーロッパ めっちゃ暗い過去 

どうでしょう。シチリアやあねぴよを知っている方は、わかると思います。まんまです。


「○○やっておいて、適当でいいから」と言われて困ったことはないでしょうか。ある程度の条件があれば判断しやすいのですが、丸投げされるとどうしたらよいか悩みますよね。お話を思いつくときも同じです。あらかじめ自分で条件をしぼってしまいましょう。それも自分がおもしろいと思う要素を制約にしてしまうんです。

結局のところ、おもしろい話を書こうと思ったら自分がおもしろいと思うものしか書けないわけで。自分の感性のアンテナに引っかかってこない物語を書くのは、プロに任せておきましょう。

また、オリジナルでないのなら先にコラボする作品を決めてしまいましょう。誰を主役にするか決めてしまうのもよいでしょう。そうすれば方向性が定まってきますよね。

スポンサーサイト

コメント

ランプキン #0DW/rr8Y

No title

記事のほう読ませていただきましたー、実に参考になります。
ストーリーの思いつきの話をコメントしようかと思いましたが、長くなりそうなので日を改めてブログに書かせてもらいますね。

2010年01月04日(月) 04時03分 | URL | 編集

腰痛 #-

> ランプキンP

ありがとうございます。ブログの記事を楽しみにしています。

2010年01月04日(月) 04時20分 | URL | 編集

うずら #XWELPq6Y

No title

はじめまして。
記事を一通り読ませていただきました。参考になります。
私の方でも、ブログでですがどうやって思いついたかを書いてみました。
コメントにはとても書ける量ではありませんでしたので。
大したことは書けていませんが、よろしければご覧くださいー。

2010年01月04日(月) 21時18分 | URL | 編集

腰痛 #-

>うずらP

こちらこそはじめまして。
さっそくブログの記事を読ませていただきました。

幻想入りシリーズも連載されていたのですね。箇条書きと矢印で説明すると、なにやらスムーズにお話を考え付いたかのように見えてしまいますよね。うずらPもいろいろ苦労されたと思います。

うずらPがブログで書かれていましたが、どうやってゲームの世界に溶け込ませるかというのは重要ですよね。自分は、元々その世界に存在したという設定でしか作ったことがなかったので目から鱗が落ちました。

2010年01月04日(月) 22時20分 | URL | 編集

マディンP #-

No title

はじめまして。
うずらPからのお誘いで、こちらも書いてみました。
だいぶ長くなったのでブログに書かせていただきました。

特殊すぎて、わかりにくいかもしれませんが、よければ、どうぞ。

2010年01月05日(火) 16時47分 | URL | 編集

腰痛 #-

> マディンP

FF6のマディンPじゃないですか! こちらこそはじめまして。

さっそくブログを拝見しました。観ている方は「おもしろーい」ですみますがやるとなると大変ですね。

しかし、マディンPといえば戦闘会話なわけですが、いろいろと葛藤がおありなのですね。でも個人的には大好きな演出ですw

2010年01月05日(火) 18時59分 | URL | 編集

ザッP #pBoZlR9Y

No Title

コメントは義務と聞いて。

Q.どうやってストーリーを思いついたのか。
A.その情報はあなたのセキュ……というのは自分のサイト
  ではないので自重するとして、以下のとおりです。

1.パラノイアでUV様が千早だったら間違いなく幸福と思いつく
2.脳内UV様が仰るとおりに0話を作る
---------ここまで13時間---------

……これだけだとあんまりなので。

3.面白そうなシーンを二,三個考える
4.二、三個のシーンを元にアイデアを出しつつ動画を作る
5.3~4の繰り返し×話数

シナリオプロット、キャラクター付け、ジョーク、演出などの
アイデアはほぼ全て4.で思いついています。0から何かを思い
つくのは、動画を作っている時が多いです。

どうやって思いついているのかというと、既に「パラノイアを
UV様で作る」と大枠が決まっているので、その枠に脳内に
散在しているネタ要素(腰痛Pの仰る「おもしろいと思った
要素」に近いと思います)のうち、合いそうなものを順番に
当ててみて幸福になれば採用、というイメージです。

ただし、一度思いついたプロットやキャラクター付けや演出の
方向性などは、繰り返しの3.と4.において頭の中でこねくり
まわして、更に幸福になるようにどんどん整形していきます。

例えばHARUが素人から完璧に幸福な市民になったのは、
2話作成時点での3.の最中で、その後も整合性の取れる範囲
で変化させていってます。
動画全体のプロットなどは、1話で思いついたものを何百回も
修正していると思います。

長くなりましたのでこのぐらいで。
幸福は義務です。

2010年01月10日(日) 00時16分 | URL | 編集

腰痛 #-

> ザッP

ありがとうございます。
ザッPにコメントしてもらった私は、非常に幸福です。

パラマスをいつも楽しみにしています。

2010年01月10日(日) 03時02分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP