『白銀妃』感想、

白銀妃 1巻
白銀妃 1巻
トルコっぽい後宮モノ。スカウトに来た宦官に「無駄に美しい」と言われてしまった天然系の主人公がいいキャラでおもしろいです。しゃべりの反応がボケボケなのですが、イラッとしないぎりぎりで抑えられていて、作者さんの台詞回しのセンスを感じました。

1巻ではほとんど話が進みません。王様と主人公の関係ではなく、後宮の日常を描いていくような気がします。この作者さん百合好きですし。

私の好きなキャラは、人買いにさらわれて後宮に売られたマルテナ。
境遇はものすごくかわいそうなのですが、バイタリティにあふれている彼女は後宮でのし上がろうとします。ところが、美貌では美しすぎる主人公にまったく太刀打ちできず、しかも根はいい人なので主人公に振り回されるというなんともおいしいキャラです。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。