『死なない生徒殺人事件』感想

死なない生徒殺人事件―識別組子とさまよえる不死 (メディアワークス文庫)
矛盾したタイトルどおり、自分を「死なない」と言った少女が何者かに殺され、そして宣言どおりに復活します。

不死についてオカルト的でない実現できそうな理屈がつけられているのもいいですね。そんなのありか!と思ってしまいましたが。テンポの良い文章で、かつどんでん返しが複数あるという自分好みの小説でした。おすすめです。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP