『怪談イズデッド』感想

怪談イズデッド(1) (アフタヌーンKC)
かつては子供たちに怖れられ語られていた学校の七不思議もいまは忘れられかけている。そのことに危機感を覚えた七不思議の妖怪たちが集まって対策会議を開くという怪談コメディです。

七不思議のキャラがおもしろい。学校を徘徊しなければならないテケテケは毎夜PC室でエロ動画を見ているし、トイレの花子さんはやさぐれてタバコを吸っていてトイレはヤニ臭い。泳いでいる子供の足をひっぱるプールの幽霊は、無駄に巨乳でむちむち。真面目な二宮尊徳像は、1話の最後で撤去されてしまう。

毎回ぐだぐだになってしまう残念すぎる会議のやりとりが楽しい漫画です。下ネタが結構多いですが、そこまでどぎつくありません。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP