主人公が奴隷!なのになぜか明るい雰囲気のやる夫スレ『やる夫と金糸雀で学べるかもしれない三角貿易の世界』

最近いそがしさにかまけて文章を書いていなかったので、しばらく毎日ブログで何か書こうと思います。
紹介したいやる夫スレがたまっているので、数日はやる夫スレの記事が続きます。

やる夫と金糸雀で学べるかもしれない三角貿易の世界 第一話  さらばニート生活
ここでいう三角貿易とは、アフリカで武器などと交換に奴隷を仕入れ、アメリカ大陸に連れて行って売り、欧州に砂糖や綿を持ち帰る奴隷貿易のことです。18世紀の貿易事情や生活事情が楽しく学べるスレです。

いきなり主人公のやる夫が敵対部族に捕まるところから始まるのですが、なぜか物語の雰囲気は暗くない。それどころかほのぼのしていて明るいという不思議なスレです。話のネタ的に暗い内容だと思って長い間読まないでいたのがもったいなかったですね。作者さんは非常にセンスのある方でちょっとした説明でもくすりと笑えるユーモアがあって、本当に読むのが楽しいスレです。

スレは完結し、いまはカリブの海と海賊たちのはなしという新シリーズが始まっています。前作の三角貿易でも登場した私の好きなキャラのキャプテンほむほむがこちらでも出てきたのがうれしかったですね。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP