2012年 おもしろかった本ベスト5

シリーズで続いている作品は、2012年に1巻が発売されたものをなるべく選ぶようにしました。

5位 テラフォーマーズ

テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックス)
火星を人類の住める星に改造するために、黒い苔と台所にいる黒いアレを解き放って五百年。
進化したアレは二足歩行してしかもめちゃくちゃ強い。対する人類は、様々な昆虫の特性を借りた改造人間を火星に送りこんだ。
『このマンガがすごい!2013』で1位になっただけあっておもしろいです。進化したアレの姿は、苦手な人も読めないこともない黒いゴリラみたいなので安心。ただ、SF要素を期待すると拍子抜けします。
アレがすごい強いぞ→よし、こっちも昆虫の能力を使って対抗だ!というのは、よく考えるとおかしい。パワードスーツ的な装備を開発する方向になぜいかなかった?
他にもいろいろ疑問に感じる部分はありますが、
設定のアラにさえ目をつぶれば本当におもしろい漫画です。


4位 あいうら
あいうら (1) (角川コミックス・エース・エクストラ 32-1)
何番煎じかわからない女子高生集団のゆるい日常4コマ。
なのですが、この漫画はとにかく作者のギャグセンスがすばらしい。



3位 月刊少女野崎くん
月刊少女野崎くん(1) (ガンガンコミックスONLINE)
好きな男に思い切って告白したらそいつは少女漫画家で、
いつの間にかアシスタントをさせられていたという導入で始まる4コマ漫画。
個性的なキャラたちの繰り出すギャグがツボでした。
第1話と最新話がネットで読めるのでぜひ一度試しに読んでみてください




2位 魔法少女育成計画
魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)
前にも感想を書きましたが、言ってしまえば、魔法少女の聖杯戦争です。
ルールや魔法少女の能力を生かした攻防がしっかり書かれていてよかったですね。



1位 機龍警察

機龍警察(ハヤカワ文庫JA)
これだけ2010年発売の本です。それでも1位にしたのはそれだけおもしろかったから。
乱暴にいうと、パトレイバー+フルメタルパニックな話です。

パイロットの一人で元テロリストのライザ・ラードナーの壮絶な過去の書かれた
シリーズ2作目『機龍警察 自爆条項』が本当におもしろかった!
1作目がいまいちだった人も自爆条項まで読んでもらいたい。


今年もいろいろ読んだはずなのですが、思ったより記憶に残った本が少ないですね。
誰かおもしろかった漫画や小説を教えてください。

ちなみに、おもしろかったゲームは、スーパーダンガンロンパ2。まさか1作目を超える作品になるとは思いもしませんでした。
スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 (通常版)
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。