『魔法少女育成計画』感想

魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)
魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)
簡単にいうと、魔法少女版聖杯戦争。
魔法少女たちがそれぞれ一つずつ持つ特殊能力を駆使して殺し合います。
誰もが考えつきそうで今までなかったアイデアが良い。すばらしいセンスですね。
能力バトルも安易なパワープレイにならず、「困ってる人の心の声が聞こえる」といった
一見、戦闘では役に立たなさそうなスキルが活躍するのもおもしろいですね。

ただ、とにかく魔法少女の人数が多い(16人もいる!)ため、一人あたりの描写が少なくなってしまっているのがもったいない。良いキャラがたくさんいるだけに本当にそう思います。魔法少女になる前の描写がないキャラまでいますから。

私のお気に入りの魔法少女は、猛スピードで空を飛ぶ魔法のホウキを持つトップスピード。
最初出てきたときは単なるうざキャラだったのですが、彼女の「後半年死ぬわけにはいかない」という言葉の意味に気づいたときには、ちょっと泣きそうになりました。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

まとめ【『魔法少女育成計画』】

魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)簡単にいうと、魔法少女版聖杯戦争。魔法少女たちがそ

2012年11月18日(日) 13時00分 | まっとめBLOG速報

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。