第五次ウソm@s投稿作の解説

春香さんがプロサッカークラブをつくった!

割と好評なようでほっとしています。
当初の予定では、キャンプ最終日にグランパスにボロ負けするところで終わるはずだったのですが、試合があるのとないのとではおもしろさが段違いなので、頑張って開幕戦まで動画におさめました。だいたい40分の動画を18分に縮めています。キングクリムゾンが多いのはそういうことですw
どこを端折ってどこを残すのか、ぎりぎりまで悩みました。

サカつくは、スポンサーの選択や試合毎のプロモーションといった経営部分も楽しいゲームです。だから、経営パートもお見せしたかったですね。動画時間をなるべく短くしなければならなかったとはいえ、残念です。


春香王と円卓の騎士共

ゲームの説明に入るまでのネタは、半年前に完成していました。
とにかく画面のレイアウトがなかなか決まりませんでした。

イングランドの各所で暗躍する闇の軍勢の侵攻度を画面を眺めただけで把握できるようにしなければ、このゲームを楽しむことができません。動画の形になるまでいろいろなパターンを試行錯誤しました。動画にかけた時間のほとんどは、画面構成を考えることに費やしています。

それだけに、何人かの卓m@sPに動画を誉めていただいたときには、本当に涙が出そうになりました。ありがとうございます。


姉、ちゃんとPしようよっ!R

ウソm@sの運営会議でIFm@sをやろうと決まったときに、どうしても作りなおしたいと思いました。
作った当時は完璧にみえたあねぴよ1話も、いま見返すといろいろ気に入らない部分がたくさんあるのです。
処女作は死んでも見たくないと言う小説家や漫画家が多いそうですね。同じことなのでしょう。

いまいち使いづらかった雪歩のキャラを強化。副次効果として、雪歩へのツッコミに真がからめるようになりました。
さらに絵理を沖縄枠に入れることで沖縄組の中だけで話を回せるようにしました。
小鳥さんも春香お姉様の付き人ポジションに移動させたおかげで、これからは春香とセットで出すことができます。
あねぴよ1話ではきつかった千早のキャラを、若干デレるようにしました。

キャラが多すぎてとにかく話の作りにくいあねぴよシリーズも、これで少しはストーリーを考えやすくなったと思います。
亜美と真美はなんとかだしてあげたかったのですが、あの二人には苦手意識があって動かしづらく、どうにもなりませんでした。

残念なのは、上の二つの動画に時間をとられて、いまいちアイデアを練りこめなかったことですね。
それなりにはおもしろいとは思うのですが、新しいあねぴよの第1話ですとはちょっと胸を張って言い切れないです。
新しめのネタが多いのは、それだけネタに困っているということですねw
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。