力作乙


ミクに数百人のP名をしゃべらせるのも大変ですが、それぞれのPの代表作の背景を切り抜くのにも苦労したことでしょう。自分の名前が呼ばれるまでドキドキしてしまいました。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP