『まんがかぞく』感想

まんがかぞく 一家4人全員漫画家(1) (アクションコミックス)
まんがかぞく 一家4人全員漫画家(1) (アクションコミックス)
父  大島やすいち(バツ&テリーの人)
母  川島れいこ(レディースコミック漫画家)
長女 大島永遠(作者。アニメにもなった『女子高生』を書いた人)
次女 三島弥生(4コマ漫画家)



大島永遠の両親が漫画家ということは知っていました。ですが、妹まで漫画を描いていたとは知りませんでした。つまり、一家四人全員が漫画家というすごいファミリー。これは漫画家ファミリーを題材にしたエッセイ漫画なんです。
『女子高生』の作者ですから、全編ギャグなのかと思ったら家族の絆を感じさせる胸の温まる話も多く、よい意味で裏切られました。小学校高学年の作者にレディコミの原稿の手伝いをやらせるのは、どうかと思いましたがw

自分にとってバツ&テリーは、ファミコンのクソゲというイメージです。幼少期の作者がファミコンのバツ&テリーをプレイする場面がでてきて笑いました。なんでバットとボールが武器のアクションゲームなんだよ!
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。