タイトルで損をしすぎていてもったいない歴史系やる夫スレ

やらない夫で杉山茂丸伝 その1
夢野久作の父親で、明治、大正時代に政界の黒幕として活躍した杉山茂丸の物語です。
日本の勃興期だけあってスケールの大きな人物がたくさんでてきます。
自分は頭山満(水滸伝の豪傑が抜け出てきたようだと言われてました)くらいしか知りませんでしたが、エピソードを読むだけでおもしろいです。歴史では当たり前ですが、ほとんどの人は名前を知られることなく埋もれていったのですね。

しかし、二スレ目が『やらない夫「伊藤博文殺す」』っていうタイトルなのはちょっともったいないと思いました。
タイトルは普通すぎても狙いすぎてもダメで、つけるのは本当に難しいです。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。