特異な環境でこそ人の本質が見えてくる『バウンティ号の叛乱   ~やる夫がタヒチの楽園で過ごすようです~ 』

やる夫がタヒチの楽園で過ごすようです  その1
小舟で何千キロも先の島を目指すときは一丸となっているのに、上陸した瞬間から仲間割れを起こすとかもうね……。とにかく人間ドラマで読ませるやる夫スレです。
番外編では18世紀のイングランド海軍の解説をしていてそちらもおもしろいですね。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。