アウンサンスーチー=千姫

ミャンマーの柳生一族 (集英社文庫)
ミャンマーの柳生一族 (集英社文庫)高野 秀行

おすすめ平均
starsミャンマーの柳生一族
stars緊迫するミャンマーから目が離せない
stars見えぬミャンマーが見えた
stars不思議な魅力
stars「柳生」という着眼点の勝利

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「鎖国」しているミャンマーの軍事政権は武家政権の徳川幕府と同じだと決めつけ、ミャンマーの全てを徳川幕府で説明してしまうとんでもない旅行記です。
アウンサン将軍が徳川家康ならスーチーさんは千姫(千姫は家康の孫だけど)。軍情報部は柳生一族。ミャンマーの現代史がうまくそしておもしろく説明されています。

気取りがなく平易で、筆者の人柄が伝わってくるような温かい筆致も魅力的でした。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。