お手本にしたい二次創作

ソシアルP作


今回のある種の意趣返し(相手は違いますが)とも言える作戦を見て、FEを知る多くの方が「そうきたか!」と膝を打ったのではないでしょうか。

戦術の妙で魅せる架空戦記というのはソシアルP以外にはほとんどないと思います。その作戦が原作の設定をうまくいかしているのがまた憎い! 

見ている方は「すげえ!」と手を叩いていたらいいのですが、実際に考えているソシアルPの苦しみは相当なものだと思います。単純でわかりやすいのにびっくりする作戦なんてそうそうないんですよね。

ところどころのネタはひどい(もちろん褒めてますよ!)のに、全体としては熱い戦記物というのはすごいですね。
次回も楽しみにしています。
スポンサーサイト

コメント

ソシアル #-

No title

いつも感想ありがとうございます。

>戦術
鉄壁な方のミュラーが「善戦したが、善戦しただけ」と酷評された戦いと、ロンメルの高射砲から思いついたのですが、そこから策のスタートまで逆にたどるのが一苦労でした。
評価いただけると、また頑張って考える励みになります。

>ところどころのネタ
「阪」ニバルとか、(ル)パーンとか、ついやっちゃいます。
以前にシチリアで貴音の「神に誓う」を見たときには「その神なら信じるしかない」と思ってました。

いかころ最新作のバックラーさん、かっけえです。
ああいうタイプのおっさんとか、いつかE4Uでも書きたいです。

2010年08月22日(日) 20時45分 | URL | 編集

腰痛 #-

> ソシアルP

>評価いただけると、また頑張って考える励みになります。
 苦しいとは思いますが、また期待させてくださいw

>「阪」ニバル
 これは異次元に斜め上のネタでしたw 突き抜けたネタなのにポカーンとならずちゃんと笑えておもしろいというのがすごいです。
 
>いかころ最新作のバックラーさん、かっけえです。
ああいうタイプのおっさんとか、いつかE4Uでも書きたいです。
 いかころも見ていただいていますか。ありがとうございます! バックラーさんは、実はソシアルPのかっこいい男たちに触発されたキャラなんですよ。

次回も楽しみに待っています!

2010年08月22日(日) 20時58分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。