野生のグループSNE

ツナ缶P作

セッション12も続きの気になるおもしろいシナリオでした。
自分がシナリオを作るとどうしても思惑どおりにプレイヤーを動かそうとしてしまうのですよね。プレイヤーの行動に柔軟に対応できるシナリオというのは本当に難しい。

ツナ缶Pのシナリオはプレイヤーの対応しだいで状況が様々に変化して「もしあそこで別の行動をとっていたらどうなったのだろう」と考えさせられるすばらしいシナリオです。公式シナリオ集に載っていてもおかしくないレベルを越え、ぜひ載せるべきだという域にまで達しています。

セッションの最後にシナリオを振り返るパートがあるのも良いですね。12-2も楽しみにしています。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。