ヴァンダル画廊街の奇跡

ヴァンダル画廊街の奇跡 (電撃文庫)
ヴァンダル画廊街の奇跡 (電撃文庫)
大戦後に発足した世界政府の「プロパガンダ撤廃令」によって戦争に関わると見なされた芸術が規制されている世界。規制対象となった絵画を街中の壁に描き出すアート・テロリスト『ヴァンダル』がいた。第16回電撃小説大賞金賞受賞作。

描写が丁寧でキャラの人数と配置も的確です。個人的にはおもしろかったのですが、美術というテーマがラノベ向きでないのとラノベ的けれんみが乏しく地味なのとであまり売れなかったみたいです。おもしろいのにもったいない。
スポンサーサイト

コメント

ふるぷら~ん #PefwKnF.

No title

なかなか面白そうでありますな
プロパガンダ撤廃令か……
なかなか難しそうなテーマでありますな

最近読んだラノベ
GA文庫の「迷宮街クロニクル」全4巻
……迷宮街円舞曲 とか 和風Wizardry純情派 と言った方が通りがいいのか悪いのか な作品
現代日本の京都に地下迷宮が出現した
中からは怪物がわいて出てくる……
みたいな設定で元々がWizardryのWeb連載小説だったものをラノベにして加筆修正したものなんですが
連載当時に毎日追っていたお話でもあり(5・6年くらい前だなぁ)とても楽しく読めました
当時これの何が凄かったかって、登場人物の探索者の死亡判定をダイスロールして、死亡の目が出たら作中でちゃんと殺してた
ってところで……
うちらで言うゲームプレイを元に架空戦記作ってる感じでほぼ毎日連載されてたんですなぁ
読んでみた感想は、ラノベ的に若干ファンタジー要素が強くなっちゃったかな ってところもあるんですが
現代日本を舞台にするリアルさも結構出てるし、人物の生き死にがキャラを強烈に立たせるし
個人的にオススメですわ~

……っと、今週は夢想休みだし お遊びとかSSとか書くか

2010年03月27日(土) 19時08分 | URL | 編集

腰痛 #-

>ふるぷら~んP

>「迷宮街クロニクル」

ふるぷら~んPも読んでますか! おもしろいですよね! 読みにくい文体と視点がころころ変わるのさえ乗り切れば!

>連載当時に毎日追っていたお話でもあり(5・6年くらい前だなぁ)とても楽しく読めました
 ほほう、さすがですな。なんでも四巻には入ってない話があるとかアマゾンのレビューに書いてあって凹みましたw ネット版は読めないし同人誌もないよなあ。

>現代日本を舞台にするリアルさも結構出てるし、人物の生き死にがキャラを強烈に立たせるし
 イケメンとか重要そうなキャラがページめくると死んでて唖然としますよね。

2010年03月27日(土) 21時41分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。