いまさら2016年に読んでおもしろかった本をまとめてみました

あくまで2016年に読んだ本ですので、2016年発売でない本もあります。


じけんじゃけん! 1 (ヤングアニマルコミックス)
安田剛助
白泉社 (2016-10-28)
売り上げランキング: 11,827

一言でいうと、ミステリ板「だがしかし」です。話ごとのページ数が少ないのが残念。もうちょっと枚数が多ければいろいろネタを入れられると思うのですが。



ウチの使い魔がすみません(1) (アフタヌーンコミックス)
講談社 (2016-09-07)
売り上げランキング: 13,996

悪魔の女の子とその使い魔の人間のおっさんが魔界を旅する話。人間のおっさんは魔物の研究者なんですが、研究への情熱がほとばしりすぎていて笑えます。魔物の生態にも一ひねりしてあって良いです。



吸血鬼すぐ死ぬ(1)(少年チャンピオン・コミックス)
盆ノ木 至
秋田書店 (2015-12-08)
売り上げランキング: 30,606

タイトルどおりすぐ死ぬ吸血鬼が主人公。虚弱すぎる吸血鬼ギャグで終わらず、意外にネタの幅が広い。笑えます。



満願
満願
posted with amazlet at 17.01.23
米澤 穂信
新潮社
売り上げランキング: 10,227

久し振りに米澤先生の本を手に取ってみたら「この人こんなにうまくなっていたんだ!」と驚いた短編集。どの話もとにかく語り口がすばらしい。そう話がつながるのか!と驚かされました。



戦場のコックたち
戦場のコックたち
posted with amazlet at 17.01.23
深緑 野分
東京創元社
売り上げランキング: 33,121

2016年に読んだ本で一番おもしろかったのは、直木賞の候補に挙げられたこれがダントツです。第二次世界大戦のアメリカ兵を主役にした戦場のミステリもの。これは単独で感想を書こうと思います。
スポンサーサイト
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。