トモエ女王は勇者を集めて魔王城にカチコミをかけるようです 第2話


外枠だけ最後まで作っておいて一気に動画を仕上げていくと楽ということに気づきました。
スポンサーサイト

トモエ女王は勇者を集めて魔王城にカチコミをかけるようです 第1話


単発の予定だったのですが長くなったので分割しました。

やる夫スレを読んだことがない人向けにおすすめを紹介

たくさん並べても困るでしょうから三つに絞りました。
AAがしゃべる形式に慣れていないと考えてストーリー性の強いものは除けました。
下の中から興味のあるジャンルのスレを選んでください。どれも傑作です。
迷ったら上から順番にどうぞ。

やるやらで学ぶゲームの歴史 第一話
タイトルどおりゲームの歴史を学ぶスレ。多少ゲームを知ってる人向け。三十代以上なら絶対読むべし。

やる夫で学ぶJリーグの旅 その1 コンサドーレ札幌の巻(改訂版)
サッカー好きでこのスレを見ていないのはもったいない! まとめから自分の住んでいる地域のクラブの話から先に読むのもあり。

やる夫がジャンプ打ち切り漫画を好き勝手評論するようです
漫画についてあーだこーだ喋るのっておもしろいですよね。そういうスレです。

やる夫と(下ネタしか喋らない)ビアンカ やる夫とビアンカ

やる夫とビアンカ 1
ドラゴンクエスト5を大胆にアレンジしたやる夫スレです。
少年時代編をすっ飛ばしていきなりビアンカと再会するところから始まります。
子供のころは頼れるお姉さん(AAはマミさん)だったビアンカが下ネタを垂れ流すだけの存在(でも処女)になっていたという、それだけといってしまえばそれだけの話なんですが、これがおもしろいんですよ。

特に序盤は本当に下ネタとツッコミしかないのですが、下ネタにツッコミを入れたらそのまま話を進めるのでテンポはよいです。
下ネタそのものより、どこからでも下ネタにつなげるビアンカのキャラ自体で笑わせているので、下ネタがちょっと苦手という人(私もです)でも楽しく読めると思います。

息子と娘もビアンカには負けますが、ひどいキャラで良いですね。個人的には、サンチョが好きです。城の外に家があるのはそういうことだったのかと笑いながら納得してしまいました。

一つだけ、ケチをつけさせていただくなら、タイトルが地味すぎるということでしょうか。
やる夫のドラクエスレはたくさんありますからこれではちょっと目立たない。
しかし、タイトルでネタバレするのももったいないですし……。
作者の方もいろいろ悩まれた末にこのようなシンプルなタイトルにされたのでしょうね。
タイトルをつけるのは本当に難しいです。

※このスレの茶人はみな武力70以上です 『真紅の茶席に奇客が集うようです』

真紅の茶席に奇客が集うようです  序章
東郷隆の『洛中の露 ~~金森宗和覚え書~~』を原作としたAAスレです。
茶道具を軸に不思議な話が語られます。忍者や幻術使いが登場するのでけっこう伝奇色が強いですね。
作者は、このブログでも紹介した新選組列剣伝と同じ方なのでおもしろさは折り紙付き。説明と掛け合いのバランスがよく読みやすいスレです。

戦国SLGでは強国に囲まれた弱小国で難易度の高いことで有名な姉小路家が、
戦国大名として意外に強者だったということが語られる「番外編  飛騨動乱記  ~~本当は怖い姉小路~~」
独立した読み物として楽しめるので、お試しとしてこちらから先に読んでもいいかもしれませんね。
GO TOP