PCエンジンのグラフィックは奇跡だった


PCエンジンが発売されたのは80年代だなんて信じられませんね。
今回もわかりやすくておもしろかったです。
スポンサーサイト

わけがわかんないよでもお腹痛いw


魔法少女まどかに勇者ライディーンが混ざってとんでもないカオスになっています。
なんで伸びないんでしょうね、おもしろいのに。

ヴィクトリカちゃんは音痴かわいい


これは聞き惚れる。

待ってました!


今回もパンチのきいた作品がそろってますね。

すり替えておいたのさ!


タグ長すぎw

編集うまいw


どこからどこまでが素材かわかりません。

ティロ・フィナーレ!(物理)


1分8秒からの展開に思わず吹き出しましたw マドカのことはあまり知らないのですが、おもしろいです。
それにしても謎の素材すぎる。

予想の斜め上すぎるありがとウサギ


どういうことなのw

『パワフルゴルフ』感想

パワフルゴルフ
パワフルゴルフ
みんなのゴルフより操作が難しいですね。特にラフやバンカーに入ったときの難易度に差を感じました。
地形が悪いとミートポイントがずれて、変に曲がったりするようになります。まっすぐに打ちたければ、ミートポイントを十字キーで修正しながらショットのタイミングに合わせてボタンを押さないといけません。
個人的には、適正な難易度だと思いました。CPUも割とミスをしますしね。

サクセスではしっかりゴルフをやっていて驚きましたw 
それはよかったのですが、パワプロに比べるとストーリーが薄く、キャラも弱い。おかげでライバルキャラを育てるサブストーリーモードをやりたいと思えません。
これくらいがちょうどよいという方もいるのでしょうが、野球しろよシリーズといわれるパワポケが好きな自分にはちょっと物足りないですね。

パワプロ好きな方やパワプロは未経験だけどゴルフゲームは好きという方におすすめの佳作です。どうかな?と思ったのなら買いだと思います。
あまり売れてなさそうですが、本作をたたき台にしてパワーアップした2作目が出て欲しいですね。

初心者向けJリーグガイド その2

やる夫で学ぶJリーグの旅 その1 コンサドーレ札幌の巻
やる夫で学ぶJリーグの旅 その2 ベガルタ仙台の巻
やる夫で学ぶJリーグの旅 その3 モンテディオ山形の巻

やる夫で学ぶJリーグ2011の作者が戻ってこないので、代役として急遽始まったシリーズです。
最初は、横から企画をうばった感じがしてちゃんと作ってくれるのか心配でした。が、それはまったくの杞憂に終わりました。
回を重ねるごとにこなれておもしろくなっていっています。チームごとに登場するゲストキャラのアイデアはいいですね。三日に一回という更新速度もうれしいです。

楽しみになってきました


微妙にライアーソフトのショーグンエイトに似てますね。
ショーグンエイトには良い思い出がないので、不安になってきましたw 

『まんがかぞく』感想

まんがかぞく 一家4人全員漫画家(1) (アクションコミックス)
まんがかぞく 一家4人全員漫画家(1) (アクションコミックス)
父  大島やすいち(バツ&テリーの人)
母  川島れいこ(レディースコミック漫画家)
長女 大島永遠(作者。アニメにもなった『女子高生』を書いた人)
次女 三島弥生(4コマ漫画家)



大島永遠の両親が漫画家ということは知っていました。ですが、妹まで漫画を描いていたとは知りませんでした。つまり、一家四人全員が漫画家というすごいファミリー。これは漫画家ファミリーを題材にしたエッセイ漫画なんです。
『女子高生』の作者ですから、全編ギャグなのかと思ったら家族の絆を感じさせる胸の温まる話も多く、よい意味で裏切られました。小学校高学年の作者にレディコミの原稿の手伝いをやらせるのは、どうかと思いましたがw

自分にとってバツ&テリーは、ファミコンのクソゲというイメージです。幼少期の作者がファミコンのバツ&テリーをプレイする場面がでてきて笑いました。なんでバットとボールが武器のアクションゲームなんだよ!

『アルオスメンテ』感想

アルオスメンテ(1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
アルオスメンテ(1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
愚者、魔術師、女教皇、女帝、皇帝、教皇、恋人、戦車、正義、隠者。全てを正確に配置すること。それは、賢者の夢(アルオスメンテ)に告げられし、たったひとつの試練――。

主人公は、神託(予知の一種)を受けることのできる一族の末裔。自分の仕える幼い皇帝に、近従の誰かが殺意を抱いていることを察知する。察知はしたものの、神託はおぼろげな夢ではっきりしたものではない。
そこで、夢の中の賢者から智恵を授かるため賢者の夢(アルオスメンテ)の儀式を試す。
夢の賢者は告げる。真実を暴きたければ10枚のタロットカードそれぞれにふさわしい人物を当てはめよ、と。

主人公が何をしなければならないかわかっている分、前作の『オリンポス』よりとっつきやすくなっています。
一巻の段階ではお話の設定が明らかにされただけ。なんせ登場人物が十人もいないのです。
舞台となる国は、一見、平和そうなんですが、過去にいろいろあったようです。主人公の試練にどう関わってくるのか、これからの展開が楽しみですね。

タロットカードの配役を決定するために主人公は周りの人間を観察しなければならず、そこでいろいろドラマが生まれそうです。人間関係の妙で読ませる手法はいかにも少女漫画っぽいですね。人について調べていくことがそのまま主人公の目的につながるという設定は、よくできていると思いました。

『僕は友達が少ない』感想

僕は友達が少ない (MF文庫J)
僕は友達が少ない (MF文庫J)
東北地方太平洋沖地震の影響でネットでは悲観論が渦巻いていますね。自分は弱いのでどうしても極端な意見に引きずられてしまいます。鬱にならないようにするには、本を読むに限ります。それもなるべく楽しい本を。

というわけで、買ってきました『僕は友達が少ない』。略して『はがない』。
タイトルは友達が少ないとなっていますが、実際には友達が「いない」主人公。
友達を作る部活動を開始します。その名も「隣人部」。
その隣人部に残念な美少女がどんどこ入部してくるわけですね。

ちょっと変わった部活動というテーマはラノベで使い古された感があります。
既存のライトノベルと何が違うのかというと、味付けと配置が絶妙なキャラが違うといえるでしょう。
特に、「我が真名(マナ)はレイシス・ヴィ・フェリシティ・煌(すめらぎ)……偉大なる夜の血族の真祖なり……」という設定(もちろん自称)の中二病の妹がいいですね。テンパると「あんちゃーん」と主人公に泣きついて九州弁になるのがよい。妹属性がないのにちょっとゆらいでしまいました。おそらく来年にはアニメ化するでしょう。アニメになったらレイシス(ryは人気が出ると思います。

あえて難を言えば、キャラ小説に特化して文章が極限までそぎ落とされているため、どの場面もするっと読めてしまうことでしょうか。山場の描写をもうちょっと厚くしてもよいと思いますが、これはおっさんの考え方なんでしょうね。

帯のシリーズ累計120万部も納得のおもしろさ。アニメになればあっという間に300万部は、いきそうです。

敏腕秘書が二人


いつもの人ではなく新人さんの作った桃鉄TAS動画のようです。なかなか豪快な方法で資産を増やしていて、見ていて楽しいですね。

台詞と合ってねえw


法月先生の素材を使いすぎだろw 10話の展開を知ってから最初の方を見直すといろいろ考えさせられますね。

『謎解きはディナーのあとで』感想

謎解きはディナーのあとで
謎解きはディナーのあとで
「失礼ながらお嬢様――この程度の真相がお判りにならないとは、お嬢様はアホでいらっしゃいますか」
「クビよ、クビ! 絶対にクビ! クビクビッ、クビクビクビクッ、ビクビクビクビクッ!」


途中の地の文を省いて引用しました。上の文章を読んで頭を抱えなかった方は、ずばり、東川篤哉先生のミステリを読んだことがありますね。
この人のギャグはいつもこんな感じだもんな!

表紙に中村佑介さんを起用したこともヒットの要因だと思いますが、やはり刑事のお嬢様と
安楽椅子探偵の執事という、ありそうでなかったキャッチーな組み合わせが売れた原因では
ないでしょうか。一言でウリをしゃべれる商品というのは、ヒットしやすいですしね。

東川篤哉先生のファンは、だいたいいつもどおりの内容だと思ったでしょう。
でも、ミステリファンが読むと、ミステリ部分が物足りなく感じる。
執事に期待して読むと、執事という名札をつけただけのキャラが出てきて、
壁に本を投げたくなる。
アマゾンで☆1か2をつけたのは、こういう人たちなのではないでしょうか。

大金持ちの家のバラ園の表現として、広いということしか書いていないのは
いかがなものか。
例えば、少女系ライトノベルであれば、バラの種類だとか管理の仕方だとかを
細かく描写するでしょう。
また、怒ったお嬢様が投げようとした古伊万里の器をやさしく取り上げて、「そのようなことをなさってはいけません。これは~」などとウンチクの一つも傾ければ執事のキャラが立ったはず。

主人公である刑事をしているお嬢様は、本物のお嬢様という設定なのですが、ツッコミで「~~だっつーの!」というしゃべり方をします。丁寧なしゃべり方でツッコミを入れても
インパクトがないのは、わかっています。ですが、これはない。
いかにも、東川先生が考えたキャラっぽいのですけどね。でもなあ……。

つまり、ミステリなのかキャラ小説なのかどっちつかずで中途半端なのです。
テレビドラマにするつもりならこの程度でもいいでしょう。映像の力は偉大です。
テレビドラマにしたらもっと人気が出ると思います。文章も台本みたいですしね!

割合楽しく読めるのは、主人公のお嬢様と執事の掛け合いだけです。
執事が出ずっぱりの第四話が一番マシ。お嬢様が執事を引き連れて、
行くさきざきの事件を解決するというストーリーにした方がよかったと思います。

なんかけなしてばかりですけど、自分はほんとに東川先生のファンなんですよ!?

ニコニコポイントで寄付


宣伝するだけで募金できるというのは、簡単でいいですね。
さっそく手持ちを全部つぎこもうとしたのですが、募金が殺到しているらしく、エラーになります。
もうしばらく待ってからの方がよいみたいです。

(追記)
もうエラーはでないようです。

ニコマスP消息記入帳

ニコマスP消息記入帳

↑リンク貼っておきます。

負けてもいい戦いが、そこにはある


日本代表でワールドカップチャンピオンを目指す実況動画です。アジアカップで活躍したメンバーが中心。
見た目の迫力がすごいエディット選手もいい味だしています。
現実の日本代表の試合は、怖くて見ていられないので、実況プレイで応援するくらいが自分にはちょうどいいです。それでもハラハラドキドキして楽しめます。

食とは戦略なり!

龍彦P作

泉昌之『食の軍師』を脚色したノベマスです。小鳥さんが食事の仕方や通っぷりでバトルするため架空戦記であるともいえます。

原作を読んでいたはずなのですが、これを動画にする発想はありませんでした。しかし、動画を見ていると、ここまでノベマス向きの漫画はないと思ってしまうから不思議です。
主人公に小鳥さんをチョイスしたことといい、龍彦Pはすばらしいセンスの持ち主ですね。
食べ方の戦略を駆使したつもりでドツボにはまり負けてしまう小鳥さんが実に笑えます。

写真素材も多く、見ているだけでお腹が空くのは長所というのか、短所というのか……w 
第5話まで一気に見てしまいました。原作がどこまで進んでいるのかわかりませんが、続きも期待しています。


食の軍師 (ニチブンコミックス)
食の軍師 (ニチブンコミックス)
原作がこれ。こちらもおすすめです。

お姫ちんかっこよす

RidgerP作

うむ、かっこいい! ミキがひざまずいてポーズをとっているところがいいですね。この動画を見るかぎり、アイマス2素材のPVには期待できそうです。アイマス2が架空戦記やノベマスにどう影響してくるのかは、後半年くらいはわかりませんよね。

知らないうちにいろいろ増えてた


うまいこと作ってますね。原作は合わなかったので一巻を読んだだけですが、もう一度読んでみようかなと思わせるだけの破壊力がある動画です。

そういえば

こんなのとか。


こんなのとかありましたね。

その他にも咲やらアマガミやらも増えてました。自分にはこういう動画を作る才能がないのでうらやましいです。

/人◕‿‿◕人\ ←AAはかわいい


シーンの選択がうまいです。

オジ=サン・ケノービ


これ、何語なんでしょうね。

いきなり最終回


諸事情によりこれで終わりとのこと。実況なしです。いろいろ思うところがあるのでしょうけど、これはちょっと……。前回で終了ということでもよかったかも。
やっぱり、自分の動画のネガコメを見るのはつらいですよねえ。コメントのほんの一部といっても超人気実況動画だとすごい数になりますし。

エリコは不思議な踊りを踊った

スコーンP作

ループが自然すぎるぜ。

/人◕ ‿‿ ◕人\ 僕と契約してトップアイドルになってよ!


即答かよw

ジャンル:男と男の娘はHできるんだよADV

誰得】エロゲなのに女の子が全くでないエロゲが登場

ねがぽじが出たときは衝撃を受けたものですが……。日本はどこへ行こうとしているのか。
設定でインパクトを出そうとするとどうしても無茶な方向にいってしまいますよね。

力作揃いです


……ふぅ
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。