しばらくこの記事を一番上にしておきます
スポンサーサイト

2016年に読んだ本で一番おもしろかったのはこれ『戦場のコックたち 』

戦場のコックたち
戦場のコックたち
posted with amazlet at 17.07.10
深緑 野分
東京創元社
売り上げランキング: 41,513

 2016年に読んだ本で一番おもしろかったのは、2016年本屋大賞7位になり、直木賞の候補にも挙げられたこの本です。第二次世界大戦のアメリカ兵を主役にした戦場のミステリもの。

 分類としては日常ミステリになるのでしょうけど、ミステリの要素はどんどん希薄になっていきます。ちゃんとミステリとして機能していたのは、戦場では貴重な酒と降下兵のパラシュートを交換するのはなぜか?という謎くらいでしょうか。

 でもこの小説は、単純にヨーロッパ戦線で戦う兵士としての話がおもしろいからいいんです。ユーモアのある明るい少年を主人公にしているから戦争の暗さもありません。

 脇役たちも個性豊かで楽しいのですが、戦争なので結構悲惨な目にあいます。あるキャラが死んだときは、完全に主人公に同調して「嘘だと言ってくれ!」と心の中で叫びました。告白すると、めっちゃ泣きました。本を読んで泣いたのは久し振りです。

 いくつか軍事についてのミスがあるので、ミリタリー好きの人にはおすすめできませんが、
それ以外の方には文句なしのおすすめ本です。

殆ど死んでいるさんの艦これ漫画がめちゃおもしろかったので紹介してみる

この方の二次創作ギャグ漫画はおもしろいと知っていましたが、シリアスな漫画もここまでおもしろいとは。
恥ずかしながら知りませんでした。
私のつたない文章なんか読まずに、さっさと漫画を読んでくるのが良いと思います→1話リンク

艦これ1
※殆ど死んでいるさんのところから絵を転載させていただきました。

SideM風会話ジェネレータでいろいろできそう

猫耳戦車隊
とりあえず一枚作ってみました。

続・自称・天才提督幸子の艦隊これくしょん 第3話(完結)


第2シーズンも無事完結
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。